一年かかったフェアアイルセーター

2014年はこのセーターで始まり、このセーターで終わったと
言っても過言ではありませんでした。

母のお友達からご依頼いただいた
佐藤ちひろさんデザインのフェアアイルセーターです。

e0205878_19124480.jpg





亀の歩みで製作期間1年。
数か月放っておいたりもしましたが
なんとかかんとかようやく完成しました。
厳密には2015年の元旦に糸始末をして完成したので
年をまたいでいます。

私にとっては4着目のフェアアイルですが
初めての袖付でした。

長い長い道のりでした。
そのうえ、この配色。
限りなく白に近いパステル配色でなぁーんにも
模様も色の違いも見えないで編むため
ホワイトアウトセーターと名付けて呼んでました。

佐藤ちひろさんデザインのフェアアイルを編むのは
はじめてでしたが、とても職人肌の方なのだろうなぁと
作品を通して感じました。

裾のリブも白く見えますが、これオフホワイトとホワイトの
2色で編んでいるのです。
(目がきれいじゃないのはお見逃しを)
e0205878_19401321.jpg

それも表2目/裏2目で色を変えているのではなく
表1目(オフホワイト)表1目(ホワイト)
裏1目(ホワイト)裏1目(オフホワイト)
というリズムで、手がつりそうでした。

とても勉強になった作品です。

今年は自分用のフェアアイルを何か編みたいです。

最近は色々なフェアアイル作品が日本の本でも紹介されていて
編み込みセーターとの境目もあやふやになっている感も
なきにしもあらずですが、呼び方は人それぞれかと思いますが
自分がこのブログで言うところのフェアアイルは、

・シェットランドヤーン使用
・輪編みで表側だけをみて編み進め、通常輪編みできないところも
スティークをいれ、仕上げにスティークの処理をする

この2点を満たしているものをそう呼んでいます。
あとの類似したものはフェアアイル風もしくは編み込み作品と
いったところでしょうか。

スティークを入れながら身頃を編み終えたのがこちらです。
e0205878_19545179.jpg


この状態からスティークを切り開いた瞬間が至福です。
前は小さなハサミを使っていましたが、
最近は大きなハサミでばっさりとやっちゃいます。
この色だからスティークもよく見えないという・・・
e0205878_19575142.jpg


でもやっぱりフェアアイルセーターはかわいいし
編んでいても楽しいので大好きです。

年始にお会いしてお渡ししたら、フェアアイルの風合いが
想像していた以上だと大変喜んでいただけました。
フェアアイルはそんなに厚みはないのに軽くてとても暖かいし
発色も美しいので一度着るとはまりますよね~

編み物をはじめる前に購入したJamieson’sも数着もっていますが
一生ものとして、いまでも大事に保管して愛用しています。
同じ糸で自分で編めるなんて幸せです。

このフェアアイルが少し時間がかかったので
少しお休みしてからまた編もうと思います。
by kukusa | 2015-01-15 20:14 | 編み物